読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

/team PRLC

オンラインゲームLivly Island COR内で活動するチームのブログです。http://teamprlc.wix.com/prlc

喫茶マルニを作った理由、私の選ぶ好きな島アイテム

皆さんこんにちは。喫茶マルニのMaster__です。
一々_(アンダーバー)を2回打つのも早速しんどくなってきたので、これからは「マスター」と言わせてください!


なのさん、ごめんなさい。今週の喫茶マルニはTwitterの予告通り、お休みを頂いていました。

休みといってもマスター不在なだけなので、お話をしたい方同士立ち会って、ぜひトークしてみてくださいね!


前回予告した通り、今回は

①喫茶マルニを作った理由

②私の選ぶ好きな島アイテム について綴らせていただきました。

 

 

毎週火曜日に自分の島で22~24時まで直営餌屋と雑談会を兼ねて営んでいます。
リヴリーには爆ゲーや帽コン、dd撒きなどの個人イベント、配達餌屋などがありますが、私の中では勝手に、リヴリーの中での新ジャンル「喫茶店」を開拓したつもりです。(先日のブログより)

 

喫茶マルニを作った理由は主に、

・直売餌屋がない。
・定期的に会話をする場所がない。
・過疎化によりパークが閑散としていて、通りすがりの人に話しかけるのに勇気が要る。

の3点で、ある程度皆さんがログインしている時間帯を予想して、定期的に気軽にチャットできるスペースを設けました。
PRLCもだいたい毎週土曜に、夜の時間帯からイベント開催を心がけています。余裕があれば、他の曜日にメンバーが主催していたりと、アクティブなんですよね。

作った理由とともに、いろんな願いが名前の由来から込められています。

 

・名前の由来は?

喫茶マルニの「マルニ」

私マスターは「マルニ60 オークフレームチェア」(マルニ木工というメーカーさんが作られた椅子)の座り心地が大好きで、とても落ち着くんです。

デザインの観点からいえば、流行り廃りがなく、飽きのこないところ。いつまでも長く使えるように...これは、ほとんどのリヴリー島アイテム(特に初期)にも共通して言えることですね。どんな椅子かは検索してみてね。

こんな素敵な椅子の心地よさと安心感をイメージして、マルニという名前が誕生しました(あれ、まんまじゃん)

あとはもう1点、

マルニ=丸(が)2(個)=◎=大変よい

という意味合いを込めています。妙にこだわりすぎてしまっていますね。笑

ミャォさん(OOO)が自身で別名「みつを」さんと名付けていた由来と、何かしらの共通性を感じます・・・!

 

ここまでは、「マルニ」の意味がだいたい分かりましたね。 次はなぜ「喫茶マルニ」は「喫茶」なのかをお話しします。

 

・なぜ喫茶?喫茶店が好きなの?
喫茶店はとても好きです。一人で喫茶店・カフェ巡りを高校の頃からちょっとした趣味として始めていました。
実家の近所に素敵な純喫茶とカフェがありまして。色んなところを巡ったものの、結局その2店に落ち着いています。
同じ日本と云えども、地域によってまず珈琲豆の焙煎(メニューで一番先頭にあるブレンドコーヒーの煎り具合)から違うので、「自分の舌に合う店」を見つけるのならば、近隣から探すことも手であることを学びました。
そういった点においても、喫茶店やカフェにはあらゆる関心を持たされますね。

愛着と関心があることから、皆さんに愛着と関心をもたらす島になりますように...という願いを込めて、「喫茶マルニ」と名付けることにしました。

 

毎週まったりとしている空間ですが、皆さんと話していく中で、リヴリーをどうすればもっと楽しめるのか、いかに多人数と楽しさを共有できるのか...小さな小さなヒントを手探りしています。喫茶マルニを営むことによって、PRLCの活動に活かせるヒントが見えてくることもあります。つまり、 私にとってリヴリーの楽しさを見つける、一つの手段にもなっているわけです。

 

 

私の選ぶ、好きな島アイテム

最近の島・アイテムも素敵ですよね!
しかし、Master__はヤミー初期や初期の冬島(針葉樹の森や白木雪原)、シンプルな島(野原)が大好きです。
特にこの野原、見てください。

 

f:id:teamPRLC:20160319050242p:plain


http://www.livly.com/myshop/advertise_detail/b102/1/
(リンク先はマイショップフィナンシャルタイムズ)

 

何の流行にも囚われず、最大限にシンプルな島・・・
はじめて見たときは、G.L.L.の恒常販売と化していた時期に、限定アイランドとしてではなく、「よくある島」として見ていたせいか、その頃は十分に魅力を感じなかったのですが、
見れば見るほどそのシンプルさに惹かれました。

シンプルといえば「透明な島」がありますね。
古参厨な私なので・・・島は必須だ!というレッテルを心のどこかで張っている気が。。

 

f:id:teamPRLC:20160319050258j:plain


http://yaplog.jp/livlyislandcor/archive/42 より引用)

 

とはいえ、こんな風に背景や前景が島として代用できるというのはとっても画期的ですよね!
販売時期に買えばよかったかなぁ。10,000YM(1000円相当)もするので、その頃の私は躊躇って結局買わずじまいでした。
ヤミーSHOPの店主さーーん!!再販希望です!

 

『Livly Island』『リヴリーアイランド』は、ソネットエンタテインメント株式会社の商標です。 リヴリーアイランドのゲームに関わる著作権その他一切の知的財産権は、株式会社ゲームポットに属します。 このサイトは『リヴリーアイランド』およびソネットエンタテインメント株式会社、株式会社ゲームポットとは一切関係がありません。